書画を提供してくださった先生
森山 眞弓

出 生 地 東京都
出 身 校 旧制津田塾専門学校
(現・津田塾大学)
東京大学
前  職 労働省婦人少年局局長
所属政党 自由民主党

森山 眞弓(もりやま まゆみ、1927年(昭和2年)11月7日 - )は、日本の元官僚(労働官僚)、元政治家。旧姓名は古川 眞弓。

労働省婦人少年局局長、参議院議員、衆議院議員、環境庁長官、内閣官房長官、文部大臣、法務大臣、白鷗大学学長(2007年2月~2013年3月)などを歴任した。現在は尾崎行雄記念財団理事長及び同財団咢堂塾(がくどうじゅく)塾長を務める。国家公務員上級甲試験(後の「国家公務員採用I種試験」にあたる)に合格し、東京大学卒業後、1950年4月に女性上級職員第1号として労働省に入省。女性官僚の草分け的存在としてキャリアを築いた。1980年(昭和55年)、婦人少年局長を最後に労働省を退官。局長時代には男女雇用機会均等法の草案に尽力した。その模様は『プロジェクトX』で後に紹介されている。労働省局長を退官する頃、大使の下馬評にも上っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/森山眞弓