書画を提供してくださった先生
黒岩 宇洋

出 生 地 新潟県南魚沼郡大和町
(現・南魚沼市)
出 身 校 東京大学法学部(中退)
前  職 衆議院議員
所属政党 民主党

黒岩 宇洋(くろいわ たかひろ、1966年10月13日 - )は、日本の政治家。民主党所属。衆議院議員(1期)、参議院議員(1期)、法務大臣政務官(菅改造内閣)などを歴任。母親は元参議院議員の黒岩秩子。

新潟県南魚沼郡大和町(現・南魚沼市)出身。4男3女の長男。姉の萌実とともに男の子と女の子の双子として生まれた。母方は旧男爵の北大路家。父親は学生運動に参加していた。浦佐保育所、大和町立浦佐小学校、大和町立浦佐学校(現・南魚沼市立大和中学校)、新潟県立六日町高等学校を卒業し、東京大学文科一類に入学。大学在学中の1990年に財団法人住宅産業研修財団に就職し、翌年には大学を中退する。1994年には黒岩地域福祉研究所を設立し、代表に就任。その後、2001年に母・黒岩秩子が、堂本暁子の辞職に伴い参議院議員に繰上当選し、同年7月に任期が切れるまで秩子の公設秘書を務めた。2002年4月28日、参議院新潟県選挙区の真島一男の死去に伴う第19回補欠選挙に無所属で出馬し、初当選。

http://ja.wikipedia.org/wiki/黒岩宇洋