書画を提供してくださった先生
塩崎 潤

出 生 地 愛媛県松山市
出 身 校 東京帝国大学
(現・東京大学)
前  職 大蔵省官僚
所属政党 自由民主党

塩崎 潤(しおざき じゅん、1917年5月31日 - 2011年5月27日)は、日本の政治家、元衆議院議員、大蔵官僚、翻訳家。長男は衆議院議員の塩崎恭久。長女は法学者の山根裕子。次女は外交官の角崎利夫夫人でアジア防災センター主任研究員の角崎悦子。

愛媛県松山市出身。松山中学、旧制松山高校を経て、1941年東京帝国大学(現・東京大学)法学部政治学科を卒業後、大蔵省に入省する。主に主税局畑を歩き、1965年国税庁次長、大蔵省主税局長を歴任した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/塩崎潤