書画を提供してくださった先生
松本 十郎

出 生 地 兵庫県姫路市
出 身 校 東京帝国大学法学部
職  業 政治家
政  党 自由民主党
受  賞 勲一等瑞宝章受章

松本 十郎(まつもと じゅうろう、1918年5月22日 - 2011年11月21日)は、日本の政治家、大蔵官僚。自由民主党の衆議院議員。第1次海部内閣の防衛庁長官を務めた。息子は衆議院議員の松本剛明。妻の悦子は伊藤博文初代内閣総理大臣の曾孫。

兵庫県姫路市に松本勇治・末子夫妻の二男として生まれた。龍野中学、三高を経て、1942年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。大蔵省に入省し、1965年神戸税関長、1966年銀行局検査部長、1967年大蔵省印刷局長を歴任する。大蔵省退官後、1969年の第32回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で立候補し、初当選。以後、当選6回。自民党では、福田赳夫 - 安倍晋太郎派(清和会)に所属する。1974年に総理府総務副長官、1979年に外務政務次官、ほかに自民党建設部会長などを歴任する。1989年、第1次海部内閣の防衛庁長官として入閣。安倍の死後、清和会が三塚博派と加藤六月グループに分裂した際には、加藤グループ(政眞会)に参加し、同グループ副会長を務めた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/松本十郎