書画を提供してくださった先生
唐沢 俊二郎

出 身 校 東京大学法学部
前  職 内務官僚
和歌山県知事
内務次官
富士銀行社員
所属政党 自由民主党

唐沢 俊二郎(からさわ しゅんじろう、1930年6月24日 - )は、日本の政治家、元自由民主党衆議院議員。第3次中曽根内閣の郵政大臣、第1次海部内閣で自民党総務会長を歴任した。

内務官僚、和歌山県知事、内務次官を経て、衆議院議員、法務大臣を歴任した唐沢俊樹の二男として、東京霞が関に生まれる。俊二郎が生まれたとき、父・俊樹は浜口内閣の内務大臣・安達謙蔵の下で内務大臣秘書官兼人事課長を務めていた。1936年、父俊樹が内務省警保局長の時に二・二六事件に遭遇する。警保局長官舎も反乱軍による襲撃を受ける恐れがあるため、唐沢ら子供たちは避難した。タクシーで逃げる途中、検問にあい銃剣を突きつけられたことを長く記憶に留める。事件後、父は責任を取って警保局長を辞任する。豊島師範附属小学校から、田園調布小学校に越境入学する。1943年中高一貫教育(7年制)の旧制武蔵高等学校尋常科(旧制中学に相当)ついで高等科で学ぶ。高等科の先輩には宮沢喜一、同級生には有馬朗人、依田実がいる。1950年、旧制最後で東京帝国大学法学部に入学。

http://ja.wikipedia.org/wiki/唐沢俊二郎