書画を提供してくださった先生
河村 たかし

出 身 地 愛知県名古屋市
出 身 校 一橋大学商学部
前  職 衆議院議員秘書
河村商事専務取締役
所属党派 減税日本
称  号 商学士

河村 たかし(かわむら たかし、1948年(昭和23年)11月3日 – )は、日本の政治家。地域政党減税日本代表。衆議院議員(5期)、裁判官訴追委員会第二代理委員長、総務省顧問等を歴任。第32・33・34代名古屋市長(現職)。

1948年(昭和23年)11月3日、名古屋市東区古出来で河村鈊男(かねお)の長男として出生。父・鈊男は、第二次世界大戦時には大日本帝国陸軍第101師団歩兵第101旅団指令部伍長として中国大陸に滞在。1945年(昭和20年)の終戦直後から南京市の栖霞寺に滞在し、1946年(昭和21年)帰国。1948年(昭和23年)に河村紙業合資会社を設立し、初代社長となった。出生時の名前は河村隆之(隆之の読みは「たかし」)だったが現在は戸籍名を改めたため、本名も河村たかしである。河村家は尾張徳川家に仕えた尾張藩士書物奉行の家系。学問の家柄で知られ、古くは多くの国学者を輩出した[3]。河村秀根(国学者、尾張藩士)は先祖。

http://ja.wikipedia.org/wiki/河村たかし