書画を提供してくださった先生
逢沢 一郎

出 身 地 岡山県御津郡御津町
(現岡山市)
出 身 校 慶應義塾大学工学部
(現理工学部)
学位・資格 工学士
所属党派 自由民主党
(谷垣グループ)

逢沢 一郎(あいさわ いちろう、1954年6月10日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、衆議院議院運営委員長(第76代)、自民党岡山県連会長。自民党国会対策委員長(第51代)、自民党幹事長代理、衆議院議院運営委員長(第67代)、衆議院予算委員長等を歴任。松下政経塾出身者では初の国会議員であり、また初めて政務次官に就任した人物である。祖父の逢沢寛、父の逢沢英雄も衆議院議員を務めた。

岡山県御津郡御津町(現岡山市北区)生まれ。岡山大学教育学部附属中学校、慶應義塾志木高等学校、慶應義塾大学工学部(現理工学部)管理工学科を卒業。1980年、松下幸之助が設立した松下政経塾に入塾(第1期生)。1985年卒塾。1986年、第38回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧岡山1区から出馬し、初当選。以後、9期連続当選。1992年、宮澤改造内閣で通商産業政務次官に任命され、松下政経塾出身者の中で初めて政務次官に就任した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/逢沢一郎